過保護の過干渉の心配性(2)

前回からのつづきです。

過保護の過干渉の心配性(1)

 

【心配性】

 

なんで心配するんでしょう。

 

お子さんへの愛情だから

心配するのは当たり前だ!

 

そう思う方も多いと思います。

 

でも、

 

 

心配は呪いである。

 

心配すると心配した通りになる。

 

 

と聞いた時、

お子さんの心配をしたいと

思いますか?

 

 

心配するということは

悪い予想をしている。

 

ということですよね?

 

悪い予想をしているということは、

潜在意識の中にその思考が

蓄積されているということです。

 

蓄積された思考は・・・?

 

ある程度量がたまったら

「現実化」します。

 

 

例えば・・・

 

いつもいつも、

「学校で嫌な目に合うんじゃないか?」

と小学生の我が子を心配していると、

 

「学校で嫌なことがあった」

とお子さんから聞かされることになり、

 

「やっぱり!」

 

と思って、心配を強化する。

 

分かりやすく言うとそういうことです。

 

 

我が子の心配をしているということは

我が子を低く見てるということです。

 

いつも低く見ているので、

低い状態の我が子しか認識できません。

 

 

心配というのは、

 

心配した相手を低くみていて、

自分を上に見る

 

ということなんです。

 

確かに赤ちゃんの頃や、

まだまだ小さい幼児期でしたら、

氣にかけてあげるのは当然ですが、

 

お子さんが成長しているにも関わらず、

いつまでも心配し続けるのは、

 

お子さんに呪いをかけ続けているのと

同じことなんだって思ってくださいね。

 

 

【心配性の心理】

 

いつもなにかを心配している人。

 

裏を返せば、

 

心配して欲しい人。

 

ということになります。

 

誰に心配して欲しかったのでしょう?

そう、お母さんです。

 

お母さんに

 

・もっとかまって欲しかった

・もっと氣にかけて欲しかった

 

そんな思いを抱えているんです。

 

いつも低い状態の自分でいて、

お母さんに氣にかけて欲しかった

 

そういうことなんです。

 

自分の潜在意識にそういう思いが

タップリ蓄積されています。

 

 

子どもの頃から私は

「親に心配かけたくない」

という思いを強く持っていました。

 

本当は心配して欲しかった、

かまって欲しかったんだ

 

って今なら分かります。

 

3歳下に双子の弟たちがいて、

私は放任されていましたので、

 

かまって欲しかった!

 

という思いを抱いていたのは

容易に想像できます。

 

そして、それがネガティブな方に

影響していたので、

 

病気がちでした。

 

お世話して欲しかったんですね。

 

なので、以前の私もなかなかの

心配性でした。

 

 

かまってくれるのが

親の愛でしょ!

 

お世話してくれるのが

親の愛でしょ!

 

という価値観をお持ちでしたら

要注意です。

 

 

【決意が必要な理由】

 

子育てが苦しい

 

と感じるお母さんの多くは

過保護の過干渉の心配性を

無意識にやってしまっていると

私は思います。

 

どれかの分量が多くて、

どれかの分量が少ない

 

ということは人それぞれですが、

分量が多すぎるものが1つでもあると、

それだけで苦しくなります。

 

これらを持ち続けていると、

どんどん苦しみが増してしまうんです。

 

 

過保護と過干渉と心配性の心理も

お話ししましたが、

 

それらが潜在意識から自動で

上がってくる思考の大元です。

 

この大元の思考が、

私たち自身を苦しめています。

 

 

お子さんの成長と共に楽になる。

 

そう思うかもしれませんが、

そうではないお母さんも

たくさんいます。

 

ですから、

 

お母さん自身と家族の未来を

明るく軽く希望に溢れるものに

していくためにも、

 

過保護も過干渉も心配性も

 

やめた!と

 

「今」決意することが大切なんです。

 

決意して、大元の思考を

手放して行くのが大切なんです。

 

 

今のこの瞬間の思考が

私たちの未来の現実を創ります。

 

 

ホームへ戻る

 

Copyright (C) 2018 Mari Furuhashi All Rights Reserved.

 

この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。