タロットについて話しているYoutubeです。

興味がある方はこちら。

                

ボイジャータロット「Moon」

https://youtu.be/2ACpCn5X-94

               

ボイジャータロット「Magician」

https://youtu.be/jF6aRsz0dD4

    

                                

【そのまま見る】

             

突然ですが、

あなたの親子関係は上手く行っていますか?

             

あなたとあなたのお父さんお母さん、

あなたとあなたのお子さん。

                

どちらも親子関係ですが、

親子関係が上手く行っている人でも、

そうでない人でも、

             

もっと幸せになるために

バランス調整をしたり、

機が熟すのを待つのが

必要になることがあります。

                

親子関係で今なにか

停滞を感じていたり、

心配や悩みがあって、

それをどうにかしようと

努力をしている人はまずは、

                

今の状況をありのまま見て、

それを受け入れます。

             

「結局、今、何が起きているのか?」

ということを認識して、

それを受け入れるということです。

                   

                     

【反応するのは・・・】  

              

友人知人には

冷静な対応が出来る方も

           

実家のお父さん、お母さん。

自分のダンナさん、子ども。

             

など身内のこととなると、

急に感情が動き始めませんか?

                

そういう方は

今の状況をありのまま見て、

それを受け入れる

ということがなかなか難しいかもしれません。

             

これはなぜかと言うと、

身内の話となると

「あなたの中の子どもっぽい部分」

が反応をするからです。

            

お子さんが勉強をしないとか

ゲームばっかりやってるとか

実家のお母さんが口うるさいとか

        

色々あると思いますが、この時のポイントが、

         

善悪や正誤判断はせず、

そのまま状況を受け入れる

           

ということなのですが、

自分の中の子どもっぽい部分

が反応をし感情が荒ぶるので、

これがなかなか出来ない

という方も多いと思います。

              

感情が荒ぶるというのは、

             

子どもが勉強をしていないという現象より

その現象を見た自分の反応(感情)

の方が意識の中で大きくなっている。

             

ということです。

              

自分の中の子どもっぽい部分が反応し、

感情の方が優位になってしまっているのです。

              

現象を見たのは1秒だったとしても、

その後、

イライラムカムカしているのは半日とか。

そういうことはないですか?

              

勉強しないこと = 悪いこと

とか

勉強しないこと = 勉強出来ないこどもの親 = 自分

とか

         

そういう妄想も入ってきちゃうので、

よけいに感情が収まらない

ということもあるでしょう。

             

そして、

一日中お子さんのことばかり

考えている結果になってしまい、

自分のやりたいことが出来なくなる

・・・なんて人もいるかもしれません。

               

                    

【思考の現実化】     

               

勉強をしていない子どものイメージ

怒りの感情が一緒になると、

お子さんはどんどん勉強をしなくなります。

というか、

勉強している姿を見ることが難しくなります。

           

実はあなたの知らないところで

お子さんが勉強を頑張っていても、

それを知ることが出来なくなってしまう

ということです。

               

思考の現実化

ということからお話すると

そういうことになります。

              

ちなみにこの場合でしたら、

            

あなた自身が何か新しいことを

真剣に学び始めたり、

勉強を始めれば、

何も言わなくても、

お子さんも勉強をするようになりますよ。

           

自分が変われば周りが変わる

             

です。

      

ですからまずは、

善悪や正誤判断はせず、

今の状況をありのまま見て、

それを受け入れる

ということを練習するんですね。

              

これが出来るようになってくると、

感情の起伏が穏やかになってきます。

                

                      

【よどみ】

                

心配や悩みを解消しよう

と努力していたり、

状況をありのままみて

受け入れる努力をしている最中

というのは、

ボイジャータロットにもある

「よどみ」にいるのと似ています。

           

ボイジャータロットの「よどみ」は

カードを見て頂くとイメージできる

かと思いますが、

どよよ~んとしていますよね。

                   

ボイジャータロット: Stagnation(よどみ)

               

水が濁っていて暗い感じです。

感情の嵐で水が逆巻いて、

泥で濁っちゃって、

何も見えない状態って感じです。

              

でも、

いったん動きを止めることで

泥は沈殿していきますし、

水はクリアになって行きますよね?

           

そんなイメージで、

これまでのことを終わらせ

新しいことが始まる準備期間に

入ることが出来るっていうことなんです。

               

これまでは

無自覚に感情の嵐のままに

過ごしていた人が、

いったん、

余分な思考や余分な感情を止める・・・

                

な~んていう

新しいことが馴染むのには

時間が必要ですよね?

                 

進みたいのに進めない。

戻ることもできない。

やれることはやって、あとは待つだけの時間です。

               

ワインの熟成を待つように、

ただ待ちます。

                  

何も動いていないように見えても

実は動いているのです。

                   

寝かせることで化学変化が起き、

より美味しくなるワインのように、

                   

自分と家族の幸せのために

今の状況を変えて行きたい

・・・そう思い取った行動

変えようとしている意識

それらが水面下で作用しあい、

潜在意識では、

以前より幸せになるための状況を創る準備をしているということなんです。

                    

潜在意識を変えると現実も変わりますが、

その変化が始まるまでには

タイムラグっていうのがあるんですね。

時間差というヤツです。

                

意識は変わったと思うんだけど

現実が変わっていない・・・

               

そんな時はまさにタイムラグ

「よどみ」の期間なので

焦らずに過ごしてくださいね。

(いくら待っても現実が変わらないという場合は変わろう!という決意が出来ていないとか、本当は変わりたくないと思っている時です)

              

ネガティブな親子関係を

放置しているだけだと

よどみは腐り始めてしまいますが、

                

明るい希望を胸に、

これまでとは違う試み

をするのであれば、

よどみは新しく素晴らしい状況を

生み出してくれるでしょう。

               

今日のあなたが

出来そうなことはなんですか?

                    

                      

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

            

【 LINE公式アカウント登録】

ID 検索⇒ @goo7953c

https://lin.ee/5SkcCxx

【YouTube】

Ring a bell! まりチャンネル

【アメブロ】

自分改革研究所

【WPブログ】

Creat! Sweet life♪  

                                   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

              

ホームへ戻る

Copyright (C) 2020 Mari Furuhashi All Rights Reserved.

                     

                          

記事がお役にたてばシェアをお願いします。
カテゴリー
タグ