★★★★★★★★★★★★

YouTubeはこちら

【Ring a bell ! まりチャンネル】

家庭内を軽くしよう♪

★★★★★★★★★★★★

                  

                     

【家庭内を軽くするって?】

                 

家庭内が上手く回っていると軽く感じると思います。

                  

いつもその状態のお宅はそれが当たり前なので、

             

軽さを感じることはないと思いますが、

              

日によって上手く回ったり、回らなかったり。

             

上手く回ったためしがない(汗)

               

というお宅では、

       

                   

家庭内を重く感じたり、

           

滞っていると感じたり、

            

活気がないと感じたり

             

               

するのではないかと思います。

      

                      

安定的に家庭内を回せるようになってくると、家庭内を軽く感じられるようになります。

        

                            

【回すためには?】

                

家庭内は複数の人たちがいますね?

          

そう、家族です。

            

          

その家族たちとの人間関係の影響がそのまま家庭内の雰囲気となって表れます。

             

そして、

             

家庭内が回るのか?回らないのか?もそこにかかってくる訳です。

               

もっと言えば、

                 

あなたの潜在意識の状態がそのまま家庭内の様子を表しています。

               

あなたの心の奥が荒くれていれば家庭内も荒くれた感じになりますし、あなたの心の奥に問題を起こす思考が沢山あれば、家庭内に問題が起きやすくなってきます。

                  

              

【だからこその方法】

                   

動画でお話をしている方法というのは、

             

あなたの潜在意識に働きかけるやり方ですので一人で取り組むことができます。

             

家庭内のお話だからって「家族会議だー!!!」とやらなくていいわけです。

              

あなたの中にある問題を起こす可能性のある種を、自分で減らすことができますから、あなた次第でいくらでも現状を変えることができるんですね。

                 

動画ではとても簡単にお話しているので、もっと詳しく知りたい方はこちら
をどうぞ。

                

                  

【まずはいい感じ~♪】

               

自分と家族、家族同士、それぞれがいい感じ~♪の関係を築けると、自然と家庭内も回り始めます。

                

回り始めるということは軽くなります。

                  

あなたの投影として、思考量の多い家族との関係が軽いということは、その他の人間関係も概ね良好であることが多いです。

                   

何となくいい感じ~♪♪です。

                

                  

【自分らしく生きることにつながる】

                     

あなたが家族を信頼し、家庭内が回っていると、あなたが自分のやりたいことをやれる時間も増えてきます。

                

ということは、

                   

自分らしく生きていることにどんどんつながっていきます。

                

そんな感じで、家庭以外のことも上手く回り始め、いい感じの人生を創れるようになってきますよ♪

            

応援しています♪

              

                  


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                

【メルマガ登録】自分改革で輝く未来を創ろう

               

メニュー表

                    

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

              

ホームへ戻る

                 

Copyright (C) 2020 Mari Furuhashi All Rights Reserved.

                     

                         

記事がお役にたてばシェアをお願いします。
タグ