今日は8月31日です。8/27から娘の小学校は2学期スタートしておりますので、夏休み気分はとっくに無いのですが、週明けから2学期という学校も多いかと思います。お子さんの宿題、夏の活動はいかがでしたでしょうか?

                   

                 

【夏休みのお子さん】

                          

子ども時代の自分を知るのに一番わかりやすいのは、目の前のお子さんを見ることです。               

                    

夏休みが始まった途端に・・・宿題終わらせた?遊びまくり?夜更かし三昧?その現実が、あなたの子ども時代の現実だと思ってみてください。

             

宿題を先延ばしにしまくり、最終日近くに泣きついてくるのか、7月中に全て終わらせているのか、計画的に物事を進めているのか、チャレンジしてるか、とにかくダラダラしているのか・・・見たくない姿もあるでしょう(笑)

               

ですが、

                   

お子さんのこと以外でも、何かしら問題に感じていることがある場合、そのお子さんの行動パターンが解決のヒントだったりしますよ。

                 

ちなみに、

                  

私の娘の宿題状況は・・・「点々とやっていた」という感じです。夏休みの早い時期から宿題に手をつけていましたが、完全に全てを終わらせたのは8月中旬でした(汗)・・・私の意識改革もまだまだですね(笑)私がマイペースをもっと減らすと、テキパキさっさと娘も宿題を終わらせたはずです。

                 

スポンサーリンク

                 

【この母にして、この子あり時代】

                   

過去のワタクシ、相当な真っ黒くろすけでした。「言い訳」と「ごまかし」がとにかく凄かった!本当の気持ちが分からなくなるくらいに言い訳していました。

                      

・めんどくさい

               

・やりたくない

               

・好き勝手だけしてたい

               

・指図されたくない

              

・自分のペースでやりたい

             

・自分の考えでやりたい

                

これらを貫き通すために、どれだけ「言い訳」と「ごまかし」をしてきたことか。そんな真っ黒くろすけさんの子ども時代の宿題状況は・・・

              

8月最終週から宿題始める。

                

という恐ろしいものでした。先延ばし、後回しの女王。その先延ばし、後回しをするために、自分で自分に言い訳していました。

             

普段の宿題は自主的にやっていたそうです(母談)が、夏休みの宿題に関しては、自分でも覚えているほど後回しをしていました。めんどくさいから、宿題を後回しにするために言い訳する・・・という王道。

                  

ですから、

                

私自身が意識改革をする前の娘は・・・夏休みの宿題は後回し!!をしていました。言わないとやらない。言ってもやらない。自主的な勉強なんて無理。部屋もむっちゃ汚い。という状態でしたね~(遠い目)。

                   

                   

【母が変われば、子も変わる】

そんな私も意識改革をし、言い訳・ごまかし・先延ばし・後回しなどなど止めると決めて、止める努力をしました。新しいことへのチャレンジや、学びと行動を続けて、テキパキと動けるようになってきました。

               

すると、娘も変わりました。

                 

・部屋はいつも片付いている

             

・次の日の用意(ランドセル、持ち物、洋服など)は夜のうちに玄関へ

           

・宿題はいつの間にか終わらせている

              

・新しい事にもチャレンジ                       

                  

これらが当たり前の日常になりました。母が変われば、子も変わるのです。

                            

あなた自身が新しいことを学ぶとか、難しいことにチャレンジするとか、コツコツと積み上げていくとか、そういったことは全てお子さんに影響を与えます。そういう親の姿を見せるということだけではなく、もっと深い、遺伝子レベルでの影響を与えていくのです。

                     

                  

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                

【メルマガ登録】自分改革で輝く未来を創ろう

                          

メニュー表

                    

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

               

ホームへ戻る

                 

Copyright (C) 2019 Mari Furuhashi All Rights Reserved. 

               

                 

     

記事がお役にたてばシェアをお願いします。
カテゴリー
タグ