• 親子部
攻撃性まっくろくろすけ:3

                    

【ダンナさんも投影!】

            

攻撃性まっくろくろすけ:1

                 

攻撃性まっくろくろすけ:2

                  

こちらのブログに書いた内容の補足的なものを今日は書いていくことにしましょう・・・「ダンナさん」についてです。

                

”お子さんが自分の投影”であるというのは、お母さんとしては、なんとなく分かりますよね?自分にそっくりな部分を見て喜んだり、焦ったりしますよね。

                  

でも、”ダンナさんも自分の投影”であると言われると・・・どうでしょう?

               

「はっ?!そんな訳ない!!」

                    

と全力で否定したくなるという方が結構多いのではないでしょうか?そんな情報いらないわい!(怒)という方は置いておいて(笑)問題解決したい!現状を変えたい!なにより幸せになりたい!という方には必要な考え方なのです。

                   

【ダンナさんのワーク】

                     

ではまず、何からやりましょうかね~。ダンナさんについて改めて考えてみて、

           

「イラつくポイント」

                

「止めて欲しいこと」

               

「許せないところ」

              

を書き出してみて下さい。思いつく限り全部書いて下さい。これをダンナさんに見せて、攻撃しまくる!(笑)なんてことはしませんので自由に思うままに書きましょう。心配でしたら、書いた紙は直ぐに捨ててしまってOKです。

                 

自分の感情、思考に気づくために書き出すだけですからね。

                  

例えば・・・

                 

・突然怒るから恐くてヤダ

               

・何でも私のせいにするな!

               

・もっと気持ちを分かって!

                 

・ひどい事言わないでよ!

                 

・ひどいことしないでよ~

                 

などなど、書き始めると色々出てくると思います。自分の気持ちを伝えたり、表現したりするのが苦手な人はこういった「書き出すワーク」を日常の中に取り入れると良いと思います。一人の時間にワークをして、書き出す内容を口に出しながらだともっと良いですよ。とにかく、心の奥底にたまってるまっくろくろすけ達を一匹ずつ表に出す感じです。

                 

スポンサーリンク

                         

【ワークの回答】

              

さあ~全部書けましたか?そうしたら、この回答を・・・

             

自分に当てはめて考えます。

                

「やだー!!」「私はあの人とは違うもーん!」とダダをこねずに、当てはめてみましょう。先ほどの例でやってみますね。

               

・突然怒るから恐くてヤダ

              

⇒ その前に自分が何か思考をしていた

              

・何でも私のせいにするな!

               

⇒ 私は何でも人のせいにしている

              

・もっと気持ちを分かって!

               

⇒ 私は相手の気持ちを分かろうとしていない

               

・ひどい事言わないでよ!

                  

⇒ 私は誰かにひどい事を言ってる(思ってるだけも入ります)

               

・ひどいことしないでよ~

               

⇒ 私は誰かにひどい事している(思ってるだけも入ります)

               

あてはめるというのはこういう事なんです。かなりキツイですよね。最初の内は私も、なかなか受け入れられない部分がありました。

                  

そして、これを「止める」んです。止めると決意するんです。

                

・良からぬ思考

              

・攻撃的な思考

                

・人のせいにする

                 

ということを「止める」と決意することから始めます。

                  

これまで当たり前のようにこれらをしてきていますので、急に全部はムリかもしれませんが、気づいたら止める気づいたら止めるとやっているうちに、自分がこれまでどれほど、こういった思考をしていたかだんだん分かってきます。

                   

【なんでこれをするの?】

               

なんでこんな厳しいことするのか?

               

思考は現実化するの法則から行くと、「自分の思考が先にあって」今の現状が起きてる。と考えるからです。初めてこのワークをする方にはとても苦しい回答かもしれません。受け入れられない。信じられない。ふざけんな!とう思う方もいるでしょう。それに「周りの人はすべて自分」ですから、相手に向けた良からぬ思考や攻撃的な思考は全て、自分に返ってきます。誰かに向けた思考が自分に返ってくることで「思考は現実化するが腑に落ちた」ということもあります。

            

なんでこんなことをするのか?なんでそんな法則を採用するのか?

              

全ては自分の未来のためです。

               

自分の人生を素晴らしいモノにしたい!そう思った時に、思考は現実化するという「自己完結、自己責任」の世界を知り、その考え方を受け入れ、実行してきたことで、だんだんと私の人生が好転してきているからです。それを皆さんにお伝えしたいのです。

                  

【感情はどうする?】

                

攻撃性まっくろくろすけが心の中にた~くさんいるのに、気づいたら止める、なんてやれる自信ないし、やれたとしても、いつか感情がバクハツしそうです!という声も聞こえてきそうですね。

                 

そう。渦巻いてる感情はどうするか?ということなんですが、これは、もう、暴れて下さい(笑)というのは冗談ですが、「発散する行動」をとってください。

                 

昔私はメルマガで、「河原でバカヤロー!」と叫んでくださいねとお話ししたら、自宅のお風呂場でバカヤロー!をやった方がいました(笑)

                

クッションを殴りまくってもOK

                   

バンジージャンプして叫ぶのもOK

                 

ボクシングを始めてもOK

                         

実際に何か発散する行動を定期的に挟むと良いですよ。号泣するのが1番いいです。まっくろくろすけに囲まれて大号泣をする。そして、自分で自分に「大丈夫だよ」と言ってあげる。少しずつ頑張って行こうねと、自分で自分を励まします。

         

その上で、

                

先ほどの苦しい回答を実行しましょう。

                  

あ、それと同時に、ダンナさんを褒める!!!ダンナさんを頼る!!!賛成出来ない意見も「そ~なんだ」と話を素直に聴いてみる。これにも挑戦してくださいね。男性は女性に褒められて、優しくされて、頼られることで安心するようです。

                  

【ダンナさんと実家母】

                               

今日はもう一つお話ししておきますね。ダンナさんへの不満の大元は実家のお母さん(あなた自身のお母さん)への不満であるというお話しです。

                

私の場合もそうだったのですが、今現在、「母、大好きです!」と言ってても、心の奥には母への不満が大なり小なりあるものなんですね。

                  

色んな経験から自然とその不満が減って、現実に問題が起きていない人もたくさんいますが、子ども時代から持っている「まっくろくろすけ」をそのまま持ち越し問題を起こすという場合も多々あるんです。

                   

なのでダンナさんへの不満の大元をたどると「お母さんへのまっくろくろすけ」に行きつくということが多々あり、お母さんへの思い込みを解消するとダンナさんへの不満が減った。ということが起こるんです。

                    

【ブログではここまで】

               

まっくろくろすけシリーズ(?)をブログでお話ししてきましたが、ここまでにしたいと思います。考え方やワークをご紹介しましたので、まずはできることから取り組んでみてくださいね。応援しています!

                 

                        

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                  

【メルマガ】自分改革で輝く未来を創ろう

 

メニュー表

                      

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

               

                  

ホームへ戻る

             

                    

Copyright (C) 2019 Mari Furuhashi All Rights Reserved.

            

              

記事がお役にたてばシェアをお願いします。
カテゴリー
タグ