【自分を苦しめていない?】

私はこれまで、
小中学生のお子さんの
不登校に悩むお母さんへ
次のようなお話しをしてきました。

お子さんのことは
最低限の安全だけ確保して、
あとは放っておいてあげてください。

放っておいてあげて、
お母さんのやりたいことに
集中してください。

と。

お母さんご自身のことに集中して、
望む未来を創る思考を増やし、
悪い予想や余計な思考を
増やさないためのアドバイス
なのですが、

人生の目的に向かう時にも
同じことが言えます。

お子さんが不登校では
なかったとしても、

お子さんを心配しすぎだったり、
手を出しすぎだったり、
指示し過ぎなお母さんは
いらっしゃるようです。

全てお子さんのためを思って
そのようになるというのは
よ~く分かります。
愛情からなんですよね。本当に。

ですが、

その愛情の掛けかたが、
実はお母さん自身を苦しめる結果
を生み出している場合があるのです。

【子どもがいるとなにもできない?】

「子どもがいるとなにもできない」

以前の私はそう思っていました。
若い頃からそう思っていたので、
結婚してから長い間、
子どもを産む気はありませんでした。

ですが、

好き勝手に生きてきて、
年齢を重ねてくると、
「子どもがいてもいいのかも」
と思うようになってきました。

そして娘が誕生しました。
娘が赤ちゃんの頃は、
とにかくがむしゃらに育児をして、
一日でも早く娘が大きくなること
を望んでいたと思います。

月日が流れ、赤ちゃんの頃は過ぎ、
娘が成長してくると今度は、
恐れていた、

「子どもがいるとなにもできない」

という感覚を味わうことになりました。

ダンナさんや私の実家が
協力的(同じ県在住)だったので、
私が外出することは容易でした。

ですが、

出先で頭に浮かぶのは娘のこと。
楽しみに出かけたのに楽しめない。
そういうこともありました。

「子どもがいるとなにもできない」

を強く感じた最初のきっかけは
2011年3月11日の東日本大震災。

その当時の私は、
震災ボランティア活動に行きたい!
でも子どもが小さいから行けない!

という自分の状況に
モヤモヤしていました。

そして、

自由にボランティア活動をする
ダンナさんに嫉妬をしていたのです。

今考えると苦しい時期だったな~
と思います。

【思考は現実化する】

思考は現実化する
ということを学んで分かったのは、
その現実は自分で創っていたんだ。
ということでした。

潜在意識の通りに
現実は創られますから、

頭では望んでいても、
潜在意識が望んでいなかった
ということになるのです。

私の例で言うと、

ボランティア活動をしたくなかった。
ということになるのです。

なのに

ボランティアしたいのに!
小さい子どもがいるから・・・

と勝手に思い込んで、
勝手に苦しんでいたのです。

ボランティアをやっていない自分
を正当化するために
子どもの存在を使った。

ということになってしまうのです。

最初から「ボランティアはやらない」
と思えていれば苦しみません。

「やりたい人、できる人がやればいい」
と思えていれば心は楽でした。

本当に心の底から
ボランティアをしたい人でしたら、
なんとしてでも
ボランティアに行ったはずなのです。

結果は目的。と考えると、

ボランティアに行けなかった
= 
ボランティアに行きたくなかった。

そしてボランティアに行きたい
と思ったのには
他に理由があったから
ということなんですね。

その当時の私の場合は恐らく、
「認めて欲しい」
という理由だったと思います。

事実、私は、
「楽しむための外出」
には行っていました。
ダンナさんや実家に娘を預け、
外出していましたから、

ボランティアの時だけ急に
「行けない人」になっていたのです。

【他にもある理由】

私が心の底から
ボランティアに行きたい人
だったとします。

でも、

どうしても子どもを預けられない、
どうしても子どもが心配、
どうしても他の人に任せられない

という理由があった場合、
そこにはまた別の心理が
隠れていることがあります。

そして、それは、

お母さんの外出の話にとどまらず、
日常生活でも同じパターンがあり、
お母さんが自分を苦しめてしまう原因
になっていたりするのです。

赤ちゃんや幼児の時期は過ぎ、
自分で何でも出来る年ごろ
になったお子さんにたいして、

心配しすぎて、子どもを信じられず、
子どもに子ども自身のことをまかせられない。
子どもにあれこれと指示を出してしまう。

それや、

ダンナさんのやり方が許せず、
頼みたいのに頼むことができない。

実家の母のやり方が適当すぎて
怖いから頼めない。

などなど・・・。

これは全て、
お母さん自身を苦しめる
思考パターンです。

色んなことを抱え込んで、結果として
時間の確保が難しくなってしまう
そんなお母さんに多い思考です。

「子どもがいるとなにもできない」

という現実を自分で創っているのです。

【今日のまとめ】

日々忙しいお母さんたちが
「自分の時間を確保する」
というのにはコツがあります。

時間の確保をしてまで
本当にやりたいことなのか?

自分で状況を悪くしていないか?

抱え込む思考パターンではないか?

柔軟に考えてみると
頼れるところがあるのではないか?

という辺りをご自身で
チェックしてみてくださいね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【メルマガ登録】自分改革で輝く未来を創ろう

メニュー表

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ホームへ戻る


Copyright (C) 2019 Mari Furuhashi All Rights Reserved.

記事がお役にたてばシェアをお願いします。
カテゴリー
タグ