★★★★★★★★★★★★

             

今日のYouTubeはこちら 

【Ring a bell ! まりチャンネル】 

真面目なあなたに遊びを♪心にエネルギーを♪       

                      

★★★★★★★★★★★★

             

            

【真面目で一生懸命なワタシ】

           

このブログを読んでくださっているあなた!あなたは真面目で一生懸命ですか?良い人に見られたいと思って日々、頑張っていますか?仲間の信頼に値する人間であろうと努力をしまくっていますか?周りに気を使い、相手の意見を尊重し、自分の気持ちを後回しにしていませんか?

            

はい!昔のワタシははいっ!こんな人でした。

             

なのに、自己評価が低かったので変わり者でいる方向に逃げまくっていました。メンドウな娘っこでした。

            

相手のためを思って行動をしていたし、相手を大切に思っていたのは確かだったのですが、真面目っこな自分を窮屈に感じながら、ただ一生懸命やれば何とかなると思っていて、

       

自分をさらけ出せない。

            

出す気も起きない。

           

さらけ出したらマズイだろう。

             

やめとけ自分!

             

と心の声がいつも響いていましたね~。真面目で責任感が強いんです!ということが表向きの自分を創る時の材料になっていました。

           

それを崩したら・・・ぐだぐだで、面倒くさがりで、どうしようもない自分がバレてしまう。向上心はあるけど、物事を続けられない、いい加減な自分がバレてしまう。そんなことを無意識に思っていたような気がします。

               

                

【だから疲れるんだ】

             

だから・・・疲れるんですよね。自分をごまかしながら生きているということですし、実際に一生懸命物事には取り組もうとしていたので、と~っても疲れていました。

               

外では張り切って、家に帰るとぐた~~っという日々です。

               

時々ライブに行って、うおぉぉぉぉー!!!と暴れまくって発散して、また日常に戻って、今度はダークな私を満たすためにホラー映画を見まくり。

              

これはこれで全然OKなんです。本当は。非日常でそういう感情をあえて、意図的に「楽しみとして」経験する分には。

                

でもこの頃の私は日常でも怒りや悲しみを持ち越していましたので、非日常との境目が曖昧でした。だから、趣味の時間も疲れていました。

                    

自分からエネルギーを湧かせるなんて出来ない状態で、ただただぐた~っとしていたので、だから余計に疲れるという悪循環の日々でした。

                 

                

【真面目も、疲れるのも】

                  

真面目であることだって、物事に一生懸命取り組むのだって、本当はそんな大ごとではないんです。本来は素晴らしいことだと思います。

                     

何が問題なのかというと、やはり「やりすぎ」というところですね。

                        

真面目すぎる

               

頑張りすぎる

               

一生懸命すぎる

                

良い人でいようとしすぎる

               

必要ないかもしれない努力までしすぎる・・・

                     

数々の「やりすぎ」をしているので、エネルギーの消耗が激しくなり、疲れ切ってしまい、気力も低下してきてしまうんです。

               

じゃあなんで、そんなに「やりすぎ人間」になってしまったのでしょうか?

               

それは・・・幼少期の体験、思い込み、勘違いが根本原因であることがほとんどです。真面目も、疲れるのも、根本原因はほとんどの場合、これらにあてはまります。

                  

                     

【取り入れやすいことからやってみよう】

             

根本原因を探ってそれを解消していくのが、現実を変えて行くには一番早いです。ですが、そこまで深刻ではない場合、(1)遊び心(2)認める、褒めるこれらを「意図的に」取り入れることで、今よりは健全な状態になれる可能性が高いです。

                    

やれる時間ができたらやろう・・・ではなく、

             

私はこれをやるために時間を作る!ということです。

                    

(1)遊び心

                 

これは、自分がやりたいことを楽しみながらやる。ということでもありますし、軽い気持ちで何かにチャレンジすることでもOKです。

           

「遊び感覚」でやるのがポイントになります。

            

スポーツでも、アートでも、好きな世界に浸るのでも、遊び心が刺激されるものが良いと思います。自分の心が本当にやりたい、やってみたいと思ったことをやるのをおススメしますよ。自分の中の子ども心が刺激され、素晴らしいエネルギーが湧いてくるでしょう。

              

(2)認める、褒める

               

これは「自己完結」ということで、自分で自分の頑張りを認め、褒める。自分で自分を励ます。達成できたら自分で自分を褒める。ということをしていきます。

                 

自分の頑張りを他人に認めてもらおうとしてしまいがちなのですが、それでは他人軸から抜け出せませんし、あなたの人生の主役を誰かに渡してしまっていることになりますから、自分の行いを自分で認め、褒める。これを是非やってみてくださいね。

               

最初はそんなこと思えなくてもOKです。

              

とにかく続けてみてください。

             

                   

【自分らしさに気づける】

                

(1)と(2)を続けていくと、「自分らしさ」みたいなものに気づく時がくるでしょう。

      

                              

自分が今、何をしたいのか?

            

何が好きなのか?

              

何に対して楽しいと感じるのか?

              

自分はこれだけのことをやってきているんだ。

            

もっと自信をもっていいんだ。

             

自分はこの先、どうやって生きることをしたいのか?

                  

それを創り上げる自信が段々出てきた。

               

ただ頑張るだけでは見えてこなかったものが、何となく見えてきた気がする・・・・・

             

相手はこう思っているみたいだけど、自分の気持ちはこうだ・・・

                     

この常識は本当に必要なのかな?

             

                  

自分らしさみたいなものに気づき始めると、これまで見てきたものに対して、疑問が湧くこともあります。

              

当たり前だったものが当たり前ではなくなるからですね。

            

誰かの価値観で当たり前になっていただけで、自分の基準で考えると違っていた。そういうことは意識改革ではよくあることです。その感覚が、本当の自分らしさへの一歩です。

                 

こうなってくると「やりすぎ」も減り、疲れにくくなってきますよ♪

                 

                 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

              

【メルマガ登録】自分改革で輝く未来を創ろう

             

メニュー表

               

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                  

ホームへ戻る

                 

Copyright (C) 2019 Mari Furuhashi All Rights Reserved.

                    

                       

記事がお役にたてばシェアをお願いします。
カテゴリー
タグ