【家の中のリアルな状況は?】

                

コロ助拡大抑止のための緊急事態宣言により、

家族そろって家にいることが

多くなっていることと思います。

                  

あなたの感情を動かす、逆なでする、

イライラさせる相手はいますか?

                   

コロ助前でしたら、

感情をごまかすことが可能でした。

           

ダンナさんは会社に行き、

奥さんは家か、仕事で、

子どもは学校。

               

ストレスがたまっても、

遊びに行ったりもできていました。

             

1日の中で家族が向き合っている時間は

とても少なかったのに・・・

           

今はコロ助でみ~んな家に居る。

娯楽施設も軒並み休業中。

逃げ場がありません。

           

さて、どうしましょうか。

                

                

【後回しにする?】

              

例えば

書類を作りをしなくちゃ

・・・でも後でいいや

と思ったとします。

              

でもやっぱり

書類のことが気になりますよね?

                 

後回しにした分、

書類のことを無意識に考えていることが増え、

簡単だったはずの書類作りが、

段々と大ごとに感じられるように

なってきます。

               

書類作りがもう一つ増えて、

2種類作らなくてはならなくなる

ということだってあります。

               

それと同じで

ダンナさんと不仲

・・・けど後回し

             

奥さんと不仲

・・・けど後回し

                

子どもにイライラする

・・・でも後回し

            

とやっていると、

ダンナさんや奥さんやお子さん関連

の問題が心の中で大きくなりますし、

実際に何か問題が起きてくる

という場合もあります。

               

今は一緒にいる時間が長い上に、

ストレス発散しづらいですので、

ブラックな思考

どんどん溜まりやすい状況です。

            

ブラックな思考は

ブラックな現実を創り出しますから、

         

このような状況のご家庭は

・・・ヤバいですね(汗)

            

ですから、

問題があるなら

早めに解決に取り組む!

これが一番です。

             

そんなブラック思考をためない考え方

日常生活での工夫

次回からご紹介していきたいと思います。

                

紹介したやり方・考え方が受け入れられない、

現状では難しい!

            

と感じる場合は、

そこにこそ解決のヒント

あなた自身の意識改革ポイント

があります。

             

自分はどこに引っ掛かるのか?

どこに感情が動くのか?

ということをチェックしながら

読み進めて頂ければと思います。

              

                 

【ダンナさんへ:家庭があるということ】

                 

★○○だけしてれば良いだろう★

                

一人暮らしの方でしたら、

マイペースだろうが、

好き勝手してようが

構わないと思いますが、

家族と一緒に住んでいる場合は

そうは行きません。

              

いかなる理由であろうと、

家族と住んでいるということは

そこにあなたが幸せになるヒントがある

ということです。

               

そこで学べることが沢山あるということです。

             

目の前にいてくれる家族というのは、

ほんと~~~に

色んなヒントを与えてくれます。

とてもありがたい存在なんです。

                 

ですから、

○○だけしていればいいでしょ?

あとはお前がやってくれ。

        

とか、

         

義務だけ果たしていれば

それでいいだろ?

            

と考え、

せっかく目の前に幸せのヒントを

ぷらぷらさせてくれてる家族

と関わらないのは、

非常に勿体ない生き方と言えます。

                 

野心家で独身を選んだのではなく、

野心はあるけど家族もいる。

という男性でしたら、

              

あなたらしい成功への道にも必ず

家族というエッセンス

が組み込まれてるはずです。

           

家族との関わりの中で発生した

問題や不満を解決していこう

とする姿勢の中にこそ、

あなたを成長進化させる素があります。

             

男性は特に「誰かのために」という意識で

活動をする方が

スムーズで幸せな人生になると思います。

                    

                     

【奥さんへ:察しないダンナさん】

                  

★察してよ!★

              

これは奥さんがダンナさんに

期待する場合が多いと思います。

             

以前の私もそうでしたが

「察して」というのは

面倒くさがりと傲慢さの表れです。

                 

空気を読むとか

察するということは

女性の得意分野(生物として必要だから女性の方が発達している・個人差あり)ですし、

              

なにより、

           

(言うのが面倒だから)私のために空気読みなさいよ!(言うのが面倒だから)私のために察しなさいよ!

                     

と相手に言っているようなものなのです。

                   

気持ちを伝えればいいだけの話なのに、

それをせず、

相手にやってもらおうとしている

ということです。

                

これは無意識にそう思っている

ということなので、

自覚が無い場合がほとんどです(過去の私も当たり前にやっていたので、無自覚でした)。

                   

自分で言うのが面倒だから

ダンナさんに察してもらいたい

というのが心の奥の本音中の本音。

               

「頼むのが恥ずかしい」とか

「頼むのは悪い」と

思っていたとしても、

               

突き詰めると

そういう場合がほとんどです。

                          

ですから、

頼みたいことや言いたいことがあったら

「キチンと気持ちを伝える」

ということを練習していくようにします。

              

伝える時は感情的にならない

ということも大切なポイントです。

              

                    

★言っても聞いてもらえない★

                    

察して!とは逆に、

「○○お願い」と普段から頼んだり、

「○○なのよ~」と

気持ちを伝えているのに

断られたり、聞いてもらえない

という場合もあると思います。

                     

または、

「察して」を止めて

気持ちを伝える練習をした上で、

頼みごとをしたのに

聞いてもらえなかった!

             

な~んてこともあるかもしれません。

             

これは一体どういうことなのか、

その状況を引き寄せたあなたの心理

を次回でお話していきたいと思います。

                                   

                        

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

              

【メルマガ登録】自分改革で輝く未来を創ろう

メニュー表

         

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

               

ホームへ戻る

Copyright (C) 2020 Mari Furuhashi All Rights Reserved.

                           

                          

記事がお役にたてばシェアをお願いします。
タグ