不安は自分で作っている

いつも不安がつきまとう。

なんでだろう?

 

お母さんの進化を妨げる不安。

「不安」ってなんなんでしょ?

 

【不安が先か?現実が先か?】

 

不安が先か?

現実が先か?

 

卵とニワトリみたいですが、

不安に関しても

同じことが言えます。

 

不安をいつも感じているから、

「不安的中!」

っていう現実が起るのか?

 

現実が起ったから、

それ以降不安に思ってしまうのか?

 

どっちなんでしょうか?

 

 

【思考が先です】

 

答えは・・・不安が先!

 

なんですね。

 

え?ってことは、

現実に何も起きてないのに

不安が湧くってこと?

 

そうなんです。

そういうことなんです。

 

 

現実に起きてもいないことを

不安に思っていて、

日々、それに囚われている。

 

 

という側面のお話しもありますが、

ここでは違う側面のお話しをしますね。

 

 

【不安の源泉】

 

不安 ⇒ 現実化 ⇒ 不安

⇒ 現実化 ⇒ 不安 ⇒・・・

 

こんな感じで現在に至るので、

 

「現実が先でしょ!」

と思ってしまいますが、

 

大元は「思考」だったんです。

 

今現在、大人のあなたが持つ

その不安というのは、

 

元をたどって行くと、

子ども時代に行きつきます。

 

大元の不安が発生したエピソードは

人それぞれ異なりますので、

ここでは割愛しますが、

 

結局のところ、不安の大元は・・・

 

「怒り」なんです。

 

自分の中にある「怒り」の感情です。

その感情が源泉なんです。

 

 

【怒りからの不安】

 

子ども時代に感じた

お母さんやお父さんへの怒り。

兄弟姉妹への怒り。

 

・放っておかれた

・保護されなかった

・見捨てられた

・お母さんがやってくれなかった

・買ってくれなかった

・邪魔された

 

などなどの色んな思いが、

不安へと変換される場合が

あるんです。

 

この怒り自体は思い違いから

発生しているのですが、

それは今回は割愛します。

 

その家族への怒りを使って、

「自分自身で不安を作り上げて」

いくんです。

 

人によっては

悲しみに変換され、

 

人によっては

そのまま恨みになります。

 

 

【不安は自分で勝手に作ってる】

 

不安って自分で作ってたんだ!

まずはそれを受け止めてみて下さい。

 

そして、起きていないことの

悪い予想をするのは止めましょうね。

 

不安が湧いてきます!

 

という場合、

「そんなことを考えるヒマがある」

と言い換えることもできますから、

 

他のことで頭をいっぱいにする

努力をしてみてください。

 

新しいことに挑戦してもいいし、
何かに真剣に
取り組むのもいいでしょう。
 
不安の野放し
 
は止めましょう。

 

 
Copyright (C) 2018 Mari Furuhashi All Rights Reserved.
 
この記事がお役に立ちましたらシェアをお願いします。