【かみ合わない通じない】

                

あなたには

なんだか話がかみ合わない通じない相手

はいますか?

               

            

話のかみ合わない通じない相手に対して、

明らかにネガティブな感情が動くようでしたら、こちらのブログがおススメです。

               

「キライな相手を減らそう」

            

                 

そこまでではないけれど・・・、

話のかみ合わない相手を前にして、

「なんでかみ合わないのかな~?」と

何となくモヤモヤと思うことが

あるかもしれませんね。

              

                  

どうして

「かみ合わない通じない」

ということが起こるのかを

今回はお話していきたいと思います。

           

                

話がかみ合わない通じない。

もしそういう人に出会ったら、

            

見えてる世界がまるで違うだけなんだ。

             

という風にまずは受けとめてみてください。

               

                 

【うさぎさんをどう見てる?】

               

見えてる世界がまるで違う

ということがどういう事なのか

説明していきますね。

                

例えば、

               

あなたは星のカタチ

に切り抜かれた板を持ち、

               

相手はハートのカタチ

に切り抜かれた板

を持っているとします。

                

板の向こうには可愛いうさぎさん。

                

さて、あなたからうさぎさんは

どのように見えるでしょうか?

               

そして、

相手の人からうさぎさんは

どうのように見えるでしょうか?

              

更にここで、

あなたには持っている赤いサングラスを、

相手には持っている青いサングラス

かけてもらいましょう。

              

二人に「何が見えますか?」と質問したら、

           

あなたは

「赤くて長い耳みたいなものがあります」

というかもしれません。

                

かたや相手の人は

「青くてふわふわした丸いものです。」

というかもしれません。

               

二人は同じうさぎさんを見ているはずですが、見え方が全く異なる

というのがお分かり頂けると思います。

                  

二人で同じモノを見ていても、

                 

あなたには星のカタチの部分、

相手にはハートのカタチの部分

しか見えていないのです。

                

同じモノなのに、

切り抜かれたカタチが違うので、

全く違うように見えているのです。

                

あなたは世界を

星のカタチで見ているし

               

相手は世界を

ハートのカタチで見ている

              

ということなのです。

                   

                  

【真実は分からない】

               

価値観や思い込みの違い

から生まれる認識の違いとは、

ここまでのお話のことを言います。

           

それぞれのカタチに切り抜かれた

板や色つきのサングラスというのは、

私たちの脳の働きを表しています。

(認識のフィルター)

                

だから、

話がかみ合わない

ということが起こるのです。

               

そして、

今見えていることが

あなたにとっては真実です。

相手が見ている世界も、

相手にとっては真実です。

                

ですから、物事に対して、

どちらが合ってて、どちらが間違っている。

という正誤善悪判断をすること自体、

意味のないことだというのも

お分かり頂けるかと思います。

                

相手が見ている世界を

あなたは見ることができません。

              

そして、

            

実際のうさぎさんがどういうモノなのか?

実際のお豆腐がどういうモノなのか?

          

ということを私たちは

ありのまま見ることも出来ないのです。

            

私たちは

自分の認識と記憶によって作られたモノを見ているのです。

              

              

【あれ?の意味】

                   

そういう訳で、

旅先で友達と同じ風景を眺めていた

としても、あなたと友達では

見えている世界がまるで違う

ということなのです。ビックリですよね(笑)

              

普段はそういうことも

「まぁ、価値観の違い?わはは~♪」

という感じで、

大して気にしないと思うのですが、

               

話がかみ合わない通じないという

「あれ?」と思うような相手が出てくる

気になってしまいますよね?

                  

こういう相手が登場するということは、

そこには大切なメッセージが込められているのです。

それは、あなた自身からあなたへのメッセージです。

                

近視的になっているよ

認識を広げるといいよ

想像力を働かせるといいよ

                

というようなことを

あなた自身からあなたへ

アドバイスしてくれているのです。

            

話のかみ合わない相手を現実化したのは

他ならぬ、あなた自身の潜在意識です。

                 

この相手が現れる前から、

あなたには悩みがあったかもしれません。

答えを求めているかもしれません。

                  

だとしたら、

この話のかみ合わない相手が

お悩み解決のヒントになる可能性が高い

ということなのです。

                 

                      

【認識を広げる】

                   

では、

あなたが持っている板が、

たくさん切り抜かれていたり、

切り抜かれている穴が大きかったら?

あなたのサングラスが

いろんな色に対応していたとしたら?

                

見える範囲(認識できる範囲)が

広いわけですから、

話のかみ合わない相手が見ていた

うさぎちゃんの

「青くてふわふわした丸い部分」

も見えるかもしれません。

                

そうなると

「あ、このことを言ってるんだ」と、

相手の話を理解しやすくなります。

                   

誰かの話が理解できなかったこと

があったとしても、数年経ってから

あの時のあの人の話はこれを言っていたんだ

と分かることもあります。

               

学びや経験から認識が広がって

見えなかったものが

見えるようになった!

ということなのです。

                     

なので、

認識を広げるということはあなたにとって、

とてもお得なことなのです。

                        

                    

【認識の広げ方】

                  

認識を広げたい!

見える世界を増やしたい!

と思う場合はやはり、

色んなことにチャレンジする

のが良いでしょう。

                

行ったことのない土地に行く。

やったことのないモノにトライする。

これまでとは違う人間関係を築いてみる。

苦手なモノとキチンと向き合う。

知らない世界について学ぶ

             

などなど・・・。

           

こういった行動を取ることで

かなり認識は広がります。

              

これまで使っていなかった脳の回路

を使うことで、

認識は劇的に広がるのです。

                        

                         

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【メルマガ登録】自分改革で輝く未来を創ろう

メニュー表

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                       

ホームへ戻る

Copyright (C) 2020 Mari Furuhashi All Rights Reserved.

                               

                                     

記事がお役にたてばシェアをお願いします。
カテゴリー
タグ