★★★★★★★★★★★★

今日のYouTubeはこちら

【Ring a bell ! まりチャンネル】

2020年潜在意識のお話  

★★★★★★★★★★★★

              

          

皆さま、明けましておめでとうございます♪

         

新しい年も、どうぞよろしくお願いいたします。

                         

                        

【潜在意識の状態には段階がある】

               

今日の動画でのお話の補足をブログの方ではしていきたいと思います。

                

動画の中で・・・

          

               

潜在意識の状態にも段階があって、

              

とにかく目の前の問題を量産し続けるのを止めるために、潜在意識を成長させるのが先です!という人から、

                     

ふわふわしたスピリチュアルでもOKな宇宙人的な人と、

                       

人それぞれ様々だということです。

                      

                                  

・・・とお話をしていますが、これは本当にその通りで、自分の成長やクライアントさま達の成長を見ていてそう感じました。

                            

ですから、

                

                       

「受け取る情報を活かすも殺すも、自分の潜在意識の状態次第」

            

ということになります。

                 

「受け取った情報が活きてるか、そうではないか、潜在意識の状態次第」

                   

ということにもなります。

             

                         

潜在意識の状態については、光る玉の汚れ具合でイメージしてみてくださいね。

        

                    

ぴかぴかの人

           

ちょっとくすんでいる人

           

汚れまくっている人

             

汚れが層になってる人

                

                           

ぴかぴかであればあるほど宇宙人に近く、汚れまくりだと問題量産になってしまいます。

            

この汚れの正体は思い込み・価値観・被害者意識などなどです。

          

               

【ネガティブな思考、感情】

                     

動画の中では「気を紛らわせるとか、他の事を考えるなどの練習をしてくださいね。」とお話をしていますが、これを、もっと丁寧に説明をすると(動画内で丁寧に伝えなさいよ!ですねw)・・・

             

                         

(1)ネガティブな感情が湧いたら、その感情に気づく

            

(2)その感情を認める

           

「あぁ、私、こう思ってるんだね、分かるよ。」という感じ。

              

(3)「でもね、いつまでもこのままでは苦しいからもう止めようね」

                

と優しく諭す。

                

(4)「あ~、また考えちゃった、なしなし!(動画内の訂正)」

                

                   

・・・ここまでやるといい感じです。

                

その上で、気を紛らわせたり、他の事を考える練習をする感じですね。

              

                    

問題量産段階の方は「本当かどうか分からない話」に一喜一憂しがちで、そのためにネガティブ思考・感情が大量生産されてしまうんです。

                 

目の前の現実(五感で感じられる状況)以外の話は全て無視するくらいの勢いで構わないと私は思っています。

            

               

子どもがする学校の話も、

          

TVのニュースも、

        

                    

あなたの現実ではありません。

               

だから気にしなくてOKですよ。

              

              

ネガティブな思考量産をストップさせるためには、先ほどのような練習が必要になってきます。

                 

特に、洞察力のある、量産型の人は、そこまで妄想するか?というところまで考えてしまいます。

               

これは、私がそうだったので分かります(笑)

             

ネガティブ妄想が凄いんです。

               

それをポジティブな方向に転換したのが今の私です。

             

            

洞察力は素晴らしい能力ですが、あらぬ方向に行くとネガティブ妄想になります。

             

でも「私は変わる!」と決め、学び、行動をすればポジティブな方向に変えていけます。洞察力を自分のために、誰かのために、使って行くことができるようになりますから大丈夫ですよ。

              

               

【気づくことの大切さ】

             

なんで私が「気づけばまずはOK」と言うのか、その辺りのお話もしておきますね。

     

                         

気づく = 認識する

        

                       

ということですから、その状況に変化を起こすことができるからです。

        

                

ネガティブ妄想をしている自分が当たり前だと、そのことに全然気づいていない場合も多くあります。人は当たり前のことにはなかなか気づけません。

               

気づけないということは認識できないということなので、変化を起こすことが出来ないんですね。

           

                       

潜在意識が創ってくれる現実を「問題」だと感じるなら、そこで何かに気づくことで、その状況を変えていけます。

                     

思考は現実化しますから、「なんのために自分はこの現実を創ったのか?」と考えることで、それに気づけるようなヒントを潜在意識がくれるのです。

               

                      

今度は、そのヒントに気づく必要がありますよね?

                 

                

自分の当たり前に気づくこと

            

潜在意識からのヒントに気づくこと

         

                      

直感力(直観力)のある人は、気づきやすいのではないでしょうか?

              

ところが、光る玉が思い込みや被害者意識で真っ黒けっけになっていると、あらぬ方向に直感(直観)が働きます。

              

「行ける!」と思ってしまうんですね。行けると思って行動した結果が望まないものだったりします。

            

でも、少しでも光る玉をキレイにしておくと、「気づき」や「本当の自分からのヒント」などに気づきやすくなってきます。

                   

                 

【自分らしさにも気づける】

                 

光る玉をキレイにしていくと自分らしさにも気づけます。

                     

引き寄せの鉄板、「いい気分でいよう」も出来るようになってきます。

                     

脅迫観念ではない行動力も出てきます。

                       

今現在が問題量産型だとしても、それを変えて行く道はあります。自分らしく生きる人生を創ることもできます。そのことを覚えておいてくださいね。

                       

                     

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                 

【メルマガ登録】自分改革で輝く未来を創ろう

              

メニュー表

                      

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

               

ホームへ戻る

                     

Copyright (C) 2020 Mari Furuhashi All Rights Reserved.

                        

                          

    

記事がお役にたてばシェアをお願いします。
カテゴリー
タグ