【面倒くさい】

      

皆さんは、なんでもテキパキこなしていますか?やるべきことも、やりたいことも、思いついたらパッと行動できますか?頭や心でブツブツ言ったり、やらない言い訳を考えたり、後回しにしたりしていませんか~??

      

自分の役割が多ければ、それだけやることも多くなりがちですが、それらをテキパキをこなせると、自分の時間を作ることもできますし、抱え込み思考でなければ、自分がやらなくても良い部分を人に任せたりできます。自分がやることを「面倒くさい~」と感じずにやれる自分になると、本当に快適です。

        

        

【私の怠慢武勇伝(?)】

       

以前の私は、もう、本当に、信じられないくらい「怠慢」でした。今思えば、やること全てに対して1回「面倒くさい」と思ってから取り掛かっていたような気がします。それくらいの「面倒くさがり」でした。

        

日常の家事についての武勇伝は・・・?

       

(1)落ちてるゴミはスルー(笑)

      

⇒ 「ちょっと拾ってぱっと捨てる」ができなかった

        

(2)山積みの乾いた洗濯物は端に寄せて熟成させる(笑)

        

⇒ 乾いたらすぐにたたんでしまえばいいのにやらない

       

(3)必殺!やかんをガス台でひっくり返すの術

       

⇒ ガス台の掃除をしなくちゃな~と思い続けていると、強制的に掃除しなくちゃならないような現実がやってきます(笑)

       

(4)手紙、広告、ちょい乗せ

        

⇒ 郵便ポストから出してきたモノは、そこら辺にチョイっと乗せて放置

        

(5)レストラン並み(?)のシンク

         

⇒ 皿洗いを後回しにしまくり、シンクの中が山盛り

         

などなど・・・冗談のようですが、当時の私は冗談抜きでこんな状態で、いつも疲れていて後回しにしていたことが、やらなきゃならない時には大量になっていました。

     

そして、

      

やるからには(自分なりの)完ぺきを目指してたので、後回しにした分大量になってるものを丁寧に完ぺきにやろうとして心が折れちゃっていましたね~。

      

       

【これではいかん】

         

さすがにこれではいかん!!といつも思っていましたし、家族の問題が起きる前から「変わりたい、自分を変えたい」と思っていた理由の一つがコレでした。

     

友達や知り合いのお母さんが皆、当たり前のように日常の家事をこなしているであろうことを考えて、本当に自分の面倒くさがりぶりが嫌でした。

      

それに、家事を後回しにして「好きなこと」を先にやっても、心から楽しめませんでしたし、逆に、たまりにたまった家事を先にやると疲れ果てて、やりたかったことが出来なくなっていました。

      

そして「やりたかったことへの執着」が生まれ、家事以外のことでも「やらなきゃならないこと」が増え、やりたいことをする時間がどんどん減って行きました(執着していると、逆にできなくなります)。

        

でも、どうすることもできずモヤモヤしていたある日・・・家族の問題が起き、そのことをきっかけとして意識改革をし、テキパキと動ける自分になることができました。

       

憧れていた・・・思いついたらパッと動く!

        

ということも当たり前になりました。

      

       

【なかなか手ごわい】

         

っと簡単に書きましたが、ここに至るまでの道のりは・・・短くありませんでした。疲れにくくなって、テキパキと動けるようになったのは、比較的早い段階でしたが、それでもちょいちょい「面倒くさがり」が顔を出していましたし、潜在意識の中で「当たり前」になっている領域(※)のことを認識できるようになるまで、時間が掛かりました。

       

(※)当たり前の領域・・・思考の量がかなり多く、無意識にしている思考のクセの部分。自覚するのはなかなか難しいけれど、自分と向き合い続けることで、徐々に明らかになっていきます。

        

私にとって当たり前になっていた思考というのが・・・

      

・面倒くさいので、やらない言い訳を考え始める

       

・面倒くさいので、怒りながらやる

       

・面倒くさいので、汚れていることを気にしてないフリをする

       

もうあまり思い出せないのですが他にもあったと思います。これらを無自覚に、無意識のうちに思考していたのです。

         

これらの「私にとっての当たり前思考」に気づくと・・・日常の家事のみならず、他のことでも、全部「これ」をやっていた自分に気づけました。私にとって「面倒くさい」が手ごわい訳です。こんなにまっくろくろすけだったんですから。

        

そもそもの「面倒くさい」の大元は「自分で動きたくない」「努力をしたくない」「ありのまま、そのままの私でいいでしょ?」と言う思考なのですが、肉体を持って生まれた私たちは・・・

       

自分で活動してなんぼ、

      

努力をして能力を上げてなんぼ、

      

自己成長を続けてなんぼ

      

です。物質世界で生きている私たちはさまざまな体験を通して幸せな世界を創れるのです。だから、面倒くさがってる場合ではなく、やるべきことを淡々とこなし、やりたいことを思いっきり楽しみましょう♪

       

       

【動ける自分って素晴らしい】

       

実際に、「動ける自分」ってただただ素晴らしいです。身も心も軽いというのは本当に楽しいことです。

       

動ける自分が当たり前になると、日常の家事も何も思わずに淡々とこなせるようになり、やらないでいる方が気持ち悪い~という感覚になります。何も思わずにパッとできるので「やらなきゃな~」と思って、家事を「面倒な大事(おおごと)」にしてしまうこともなくなりました(当たり前にできなかった人にとっては、これが本当に素晴らしいことなんですよね~♪)。

       

「やるべきこと」は淡々とこなし、「やりたいこと」にはしっかりと向き合い楽しむ♪というサイクルが出来ると・・・もっと素敵なことが起こり始めます。

         

         

【思考して行動するという習慣】

          

「思いついたことをやる。それを当たり前にする。」ということを続けていると、「思いついた(やりたいこと)ことが出来る自分」という思い込みが自分の中に創られていきます。これが何を意味するのかとい言いますと・・・?

        

そう。引き寄せの法則です。

        

最初は日常のことでも良いですし、とても小さいことでもOKです。

        

思考したことをやる。

       

思考したことをやる。

        

思考したことをやる。

        

これをやることから始めます。これを続けて行くと・・・当たり前になります。そうすると、「やりたいことを全部できる自分」になっていきますから、夢や目標も達成しやすくなるということです(大きい願いでしたらそれなりのエネルギーを出す必要があります)。

       

コツコツ、淡々と楽しみながら日々の活動をするだけで、引き寄せも起こせるようになるのですから素晴らしいですよね♪♪♪

       

       

【疲れや怠慢が強い人は?】

         

先ほど書いたことというのは、怠慢の量がそこまで多くない人は案外すんなり取り入れられると思います。「やる!」と決意して実行するだけです。

         

でも中には、

       

ものすごく疲れてるんです

        

面倒くさすぎて無理です!

        

という方もいるでしょう。そのような方はまず、意識改革で底辺の底上げをすると良いと思います。

        

         

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

       

        

【メルマガ登録】自分改革で輝く未来を創ろう

        

メニュー表

       

       

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

        

        

ホームへ戻る

      

Copyright (C) 2019 Mari Furuhashi All Rights Reserved. 

      

              

記事がお役にたてばシェアをお願いします。
カテゴリー
タグ