【一人3役?】

         

このブログを読んで下さっているあなたは、どんな立場の方なのでしょうか?「誰かの子ども」であることは確かですが、他にはどんな役割がありますか?

      

夫?妻?父?母?おじいちゃん、おばあちゃん?上司?部下?同僚?仲間?友達?カリスマ?先生?タレント?社長?副社長?などなど・・・

      

皆さんそれぞれ複数の役割をお持ちなのではないでしょうか?

        

         

【何役もあるから・・・】

        

複数の役割を持っていて、その役割が増えれば増えるほど疲れませんか?こっちでは奥さんなんだけど、こっちではお母さんの顔。お嫁さんだったり、社員だったり、友達だったり、仲間だったり・・・。

        

この顔は自然にできるけど、

       

こっちの顔は完全に作ってるな~

       

こっちの顔はもう止めたい。

       

とか。

       

あっちの顔、こっちの顔と器用に使い分けている方こそ、疲れているのではないかと思います。TPOをわきまえるという領域を超えて、女優レベルで演じてしまっていると、本当の自分が分からなくなったり、自分へのごまかしや言い訳が始まり、ますます疲れます。

        

以前の私も、ある場面ではテンションMax!こっちの場面では真面目な感じ。あっちの場面では良い人。などなどやっていました。

      

今思えば「自分らしさ」が分からなかったから、色んな顔を作れてしまっていて、それでますます「自分というものが分からない」という状態になっていました。

      

確かに人は一面ではなく多面なので、色んな顔を持っています。

     

でもそれは「自分らしさ」を理解した上で「活用」できるものであり、「自分が分からない」という状態で利用するのは、ただただ疲れるだけです。自分の軸ができていない状態で色んな役割をこなすと、ブレブレになるので疲れます。

      

自主的に、自発的に、意図して「活用」する場合と、他人軸で、その場しのぎに「やってしまう」場合では全く意味合いが違いますよね?

     

・いつも厳しくも優しいお母さん

      

・時々怒って、時々甘やかすお母さん

       

自分のためにも、お子さんのためにも前者のほうが良さそうだな~というのはお分かり頂けると思います。

       

人前に出るようなお仕事の方はキャラクターを作る必要がありますし、目標設定が高い場合も、その目標達成にふさわしい自分を演じることから始めますので、それぞれのキャラクターを自然に「活用」するためには、その大前提として「自分らしさ」を知っている必要があると思います。

        

         

【誰目線?】

          

人間社会で生きて行く上では一人何役もこなすことになります。

       

・良き妻

    

・良き母

     

・気が利く嫁

      

・キレイなママ友

     

・仕事熱心な社員

      

・輝く起業家

      

などなど。

        

これらって・・・誰から見た時の話でしょうか?自分で自分を客観的に見た時?それとも、周りの人からこう見られたいのでしょうか?

     

そもそものこの価値観があなたの苦しめているのだとしたら?

      

自分で自分を縛る元だとしたら?

      

これらを目指すことより「自分らしさ」を知る方がはるかに幸せで、実は、「こうなりたい!」という希望に近づけるのだとしたら?

       

        

【自分らしさを】

        

色んな役割を持ち、それぞれを楽しみながら生きて行きたい。

     

どの場面でも自分らしさを忘れないでいたい。

        

演じる必要がある時も、楽しみながら演じたい。奥さんの時も、お母さんの時も、仕事の時も、いつでもベースは「自分らしさを知っている私」。

       

そんな風に生きられたら幸せですよね。

       

「自分らしさなんて分からない」という方も大丈夫です。自分を向き合う覚悟を決めて、いらない思考を一つ一つ手放して行けば「本当の自分」と出会えるようになります。

    

誰と接する時でも肩ひじ張らずに、楽しい時間を過ごせるようになります。

     

自分がそうなっていくと、周りの人も変わり始めますから、うわべだけのお付き合いのような人は段々いなくなりますよ。

     

        

【今日からできること】

         

自分らしさ発見に近づくためには・・・もう基本中の基本。「誰かに言いたいことを自分に言う」これをまずは続けてみてください。

        

そして、

     

・自分の気持ちを気づかないフリしない

      

・自分の気持ちを素直に表現する

      

・相手の話を素直に聴く

       

・感情を我慢しない

        

・怒りは一人で発散する!

        

これらも続けてみてくださいね。ではまた!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

        

        

【メルマガ登録】自分改革で輝く未来を創ろう

    

メニュー表

    

    

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

     

ホームへ戻る

        

Copyright (C) 2019 Mari Furuhashi All Rights Reserved.

      

記事がお役にたてばシェアをお願いします。
カテゴリー
タグ